「対談U」佐竹真次氏×横山浩之氏

自閉症スペクトラムの子ども達に生活力をつけるために
【 学校や家庭でできること 】


教育界から佐竹真次氏、医学界から横山浩之氏、お2人のエキスパートをお迎えしての 
「対談」の第2回です。前回、ASD:自閉症スペクトラム(特にアスペルガー症候群、
高機能自閉症)の子ども達の自立を目指すためには「生活力」をつけることが大切である
ことを学びました。今回は、「生活力をつけるために」をキーワードとします。



この会は終了しました。
参加者・スタッフ合わせて約100名が参加いたしました。
ご来場ありがとうございました。




            日 時  平成24年3月24日(土)13:30〜16:30

            場 所  山形市保健センター視聴覚室
                   山形駅西口 霞城セントラルの3階です。
                   〒990-8580 山形市城南町1-1-1 霞城セントラル

                   (霞城セントラルの駐車場は、最初の30分が200円
                   以降30分毎に100円です)

            内 容  自閉症スペクトラムの子ども達に生活力をつけるための支援
                    【 学校や家庭でできること 】

            講 師   佐竹 真次氏
                    (山形県立保健医療大学作業療法学科 教授)
                  横山 浩之氏
                    (山形大学医学部看護学科 教授)





            日 程  (予定) 
                   13:00 開場
                   13:30〜13:50
                       ASD当事者からのメッセージ(Tさん 22歳女性)
                   13:50〜14:50
                       ASDの子ども達に生活力をつけるために
                       ・幼稚園、保育園から小学校(横山浩之氏)
                       ・思春期、青年期      (佐竹真次氏)
                   15:00〜16:00
                       「対談U」ASDの子ども達が幸せになるためにU
                            (佐竹真次氏、横山浩之氏)
                   16:10〜16:30
                       Q&A  (皆さまのご質問にお答えします)

            資料代  1,000円

            主 催   「特別支援教育セミナーin山形」実行委員会 村山支部

            後 援  山形県教育委員会

            その他  お問い合わせは上記の専用HPかメールでお願いいたします。


お申し込みは終了しました。


時間帯によって、FAXがつながりにくいことがあるようです。
その場合、すみませんが他の手段でお申し込みください。


Q&A用紙につきまして、
必要ならば事前にご記入の上、ご持参ください。
こちらからダウンロードできます。


村山地区各小中学校、県内各特別支援学校に
配布させていただいたチラシ(pdfファイル)を
こちらからダウンロードできます。


チラシには、FAX、Eメールでのお申し込み方法も載っています。


このページのQRコードです。


お問い合わせは、メールにてお願いたします。

実行委員会 村山支部   武田 豊己 

特別支援教育実行委員会in山形 のHPはこちらです。



カウンターレーシック