<<すみませんが、満席のため受け付けは締め切りました。>>

保護者も支援者も使える子どものほめ方
【 ペアレントトレーニングの理論と実際 】


「いつもしかってばかり」「ほめたいのに、ほめられることをしない」「ほめているのに、行動が良くならない」
「ほめたいが、周りの子どもとの折り合いがつかない」「言うことを聞かず、子育てに疲れた」

・・・こんな経験はありませんか。

ペアレントトレーニングは、もともと「応用行動分析」を基にしたアメリカの学問でしたが、
今回は横山浩之先生が改変した「日本人向けペアレントトレーニング」を、
家庭での実践例や集団での使い方などの具体例を交えながらお話しいただきます。

「なぜ、ほめないと行動が良くならないのか」「場面に応じたほめるときのコツ」
「ペアレント(親の)トレーニング」という名称ですが、保護者の皆様だけではなく、
教育・福祉関係の皆様にも、ぜひお聞きいただきたい内容です。

この会は終了しました。
参加者・スタッフ合わせて約140名が参加いたしました。
ご来場ありがとうございました。



            日 時  平成27年1月10日(土)13:30〜16:30

            場 所  山形市保健センター視聴覚室
                   山形駅西口 霞城セントラルの3階です。
                   〒990-8580 山形市城南町1-1-1 霞城セントラル

                   (霞城セントラルの駐車場は、最初の30分が210
                   以降30分毎に100円です)

            内 容   日本人向けペアレントトレーニングの理論と実践
                   ・ペアレントトレーニングの理論
                   ・個別と集団での対応の違い
                   ・障害をもったお子さんへの対応  など
            講 師   横山 浩之氏(山形大学医学部看護学科 教授)
                   保護者Aさん(家庭でのペアレントトレーニング実践者)



            日 程  (予定) 
                  13:00〜      開場
                  13:30〜14:40 ペアレントトレーニングの理論と演習(横山浩之氏)
                  14:50〜15:50 ペアレントトレーニングの実際
                  14:50〜15:10 家庭での実践から(Aさん 解説:横山浩之氏)
                  15:10〜15:50 学校場面などの集団で 〜ロールプレイにて〜(演者:実行委員会、解説:横山浩之氏)
                  16:00〜16:30 Q&A (皆さまのご質問にお答えします)

            資料代  1,000円

            主 催   「特別支援教育セミナーin山形」実行委員会 村山支部

            後 援  山形県教育委員会

            その他  お問い合わせは、下記のメールでお願いいたします。


お申込みは締め切りました。ありがとうございました。



Q&A用紙につきまして、
必要ならば事前にご記入の上、ご持参ください。
こちらからダウンロードできます。


村山地区各小中学校、県内各特別支援学校に
配布させていただいたチラシ(pdfファイル)を
こちらからダウンロードできます。


チラシには、FAX、Eメールでのお申し込み方法も載っています。


お問い合わせは、メールにてお願いたします。

実行委員会 村山支部   武田 豊己 

特別支援教育実行委員会in山形 のHPはこちらです。



カウンターレーシック