◆このページをお気に入りに追加する◆

「特別支援教育セミナーin山形 実行委員会」主催事業



この会は終了しました。
参加者、スタッフ合わせて、約110名の方が参加しました。
ありがとうございました。


学校や家庭で「困っている子」がいるとき、
場合によっては小児科や児童精神科などの「ドクター」との連携が必要です。
適切な治療を受けて、子どもの負担を大幅に減らせます。

「どのようなときに『ドクター』との連携が必要か?」、「一度受診するとずっと通わなければならないのでは?」、
「お薬を飲ませるのには抵抗があるのだが?」といった疑問が出てくるなど、
連携を求めて手探りの道があるようです。

そこで今回は、「学校・保護者が進める『ドクター』との連携」と題し、
連携先である「ドクター」より、受診に関する「ギモン」にお答えいただきます。

また、服薬に関するミニ講座も開催します。





日 時  平成29年8月20日(日)13:00〜16:30

            ※開場は12:30、開演は13:00です。お詫びして訂正いたします。

場 所  霞城セントラル3階 山形市保健センター 視聴覚室   
      〒990-8580 山形市城南町1−1−1

内 容  「学校・家庭と『ドクター』の連携」


講 師  石井 玲子氏

          いしい醫院院長 精神科医師  

      勝島 由利子 氏

         勝島小児科医院副院長

      酒井 枝里子 氏 

          元小学校教諭 特別支援教育士、臨床発達心理師

           




日 程 



12:30 開場

13:00〜13:30 ミニ講座「子どものためのお薬の上手な使い方」(石井玲子氏)

13:40〜14:40 「保護者とドクターの連携」(勝島由利子氏/酒井枝里子氏)

14:50〜15:50 「学校とドクターの連携」(石井玲子氏)

16:00〜16:30 Q&A(皆さまのご質問にお答えします)

資料代 1,000円




<<お申込みはこちらからお願いいたします。>>



村山地区各小中学校、県内各特別支援学校などに
配付させていただいたチラシ(pdfファイル)を
こちらからダウンロードできます。


チラシには、FAX、Eメールでのお申し込み方法も載っています。


主 催  「特別支援教育セミナーin山形」実行委員会 村山支部 

後 援  山形県教育委員会



お問い合わせは、

メールの場合、 実行委員会 村山支部 

までお願いします。


  Yamagata Seminar Secretariat , All right reserved.